後藤拓也FacultyがG2015版AHA教材の一部を翻訳監修

 
 AHA松戸ECCトレーニングサイト所属の後藤拓也Facultyがガイドライン2015(G2015)版のAHA教材の一部を翻訳監修し、AHAから日本医療教授システム学会国際トレーニングセンター(JSISH-ITC)を通じて記念の盾が授与されました。2018年4月現在において、G2015版AHA教材は「AHA心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドラインアップデート2015、ハートセーバー(HS)、BLS、ACLS、PALS」コースの日本語版教材が販売されており、日本全国でも様々なAHAコースが最新のガイドラインに沿った内容で開催されています。後藤FacultyはJSISH-ITCのBLS、ACLS、PALSのトレーニングセンターファカルティ(TCF)として活動しており、今回は日本語版教材の販売のために、G2015版のAHA教材の一部を翻訳監修しました。
 AHA松戸ECCトレーニングサイトでもすでに新ガイドラインに沿ったコース開催をしておりますが、今後も公募コースのみならず、JCI評価でも有効となる院内トレーニングサイトの設置に関する活動にも力を入れ、AHAコース普及活動に取り組んでいきたいと思います。
 
 
  
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記画像をクリックすると関連サイトページ
閲覧できます。
 
   
  
 
松戸ECCトレーニングサイトホームページ
QRコード