新東京病院にてAHAトレーニングサイト設立事業開始

 
 千葉県松戸市にある新東京病院でAHAトレーニングサイト設立事業が開始されました。AHA松戸ECCトレーニングサイトへ新東京病院担当職員の方から直々に依頼があり、今回はハートセイバー(HS)コース、BLSプロバイダーコース、ACLSプロバイダーコースの独立開催を目標に活動していきます。
 もともと新東京病院では他のAHAトレーニングセンターの支援を受けて病院内におけるAHA-BLSプロバイダーコースの普及に取り組んでおりましたが、看護師を中心とした運営組織であるAHA松戸ECCトレーニングサイトに対する共感の声が上がり、今回は事務職を含めた職員全員を対象にAHA-BLSプロバイダーコースまたはHSコースの受講を、医療従事者の希望者にはAHA-ACLSプロバイダーコースの受講を目標として、改めて取り組んでいきたいとの意思表示がありました。
 AHAコースの院内普及は医療安全管理対策の面からしても非常に有用であると同時に、職員のモチベーションの維持・向上にもつながる可能性があります。病院職員がいつでも都合がつく時に同じ医療機関に所属するスタッフへAHAコースを提供できる体制を作ることは簡単にできるものではありませんが、AHA松戸ECCトレーニングサイトでは過去のノウハウを十分に活かし、新東京病院の目標達成に全力で応援していく予定です。
 
 最近は日本全国でもJCI(国際医療機能評価)の審査を受ける医療機関が非常に増えてきました。JCI審査基準の一つにも、「病院職員への蘇生教育」が盛り込まれるなど、単なる医療従事者のスキルアップだけではなく、病院全体の評価基準にも影響を及ぼす分野になりつつあるこの領域。ぜひ、皆さんの病院でもこのような体制を構築してはいかがでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記画像をクリックすると関連サイトページ
閲覧できます。
 
   
  
 
松戸ECCトレーニングサイトホームページ
QRコード