AHA-BLSインストラクターコース
 
 BLSインストラクターコースはAHA-BLSインストラクターになるために必要とされる知識・技術を学ぶ1日間コースです。このコースはあくまでも指導的立場として必要な知識・技術を学ぶコースであり、BLSヘルスケアプロバイダーコースの知識・技術に関する復習は行いません。また、このBLSインストラクターコースを修了してもすぐにBLSインストラクターに認定されるものではなく、この後に実際のコースで教育実習を行い、評価を受ける必要があります
 
 BLSインストラクターに認定されると以下のBLS関連コースがすべて指導することが可能となります。
  ①BLSヘルスケアプロバイダーコース
   →主に医療従事者向けBLSコース
  ②ハートセーバー各種コース
   →緊急時に対応が求められる職業人(主に消防官、警察官、教師など)向けBLSコース
  ③ファミリー&フレンズ各種コース
   →家族向けBLSコース
 
 BLSインストラクターコースでは、BLSコースで使用する練習用マネキンの取り扱いやメンテナンス、ビデオ教材の使い方、評価の仕方、指導の実際などを、レクチャー、ディスカッション、演習で学んでいきます。コースを最初から最後まで受講していただいた後に筆記試験を受け、合格基準に達した場合に受講修了が認められます。なお、AHAコース運営規則PAMの規定により、BLSインストラクターコースを受講するためには下記の条件を満たしている必要があります。
 ①有効期限内のBLSヘルスケアプロバイダーカードを提示できること  ②BLSインストラクターエッセンシャルズを終了していること  ③16歳以上であること
 医療資格の所持は必須条件ではありません。熱意があれば市民の方でもBLSインストラクターになれます。ぜひ、BLSインストラクターを積極的に目指してみませんか。
 
 
  
 
 
JSISH-ITC主催の各種AHAインストラクターコース受講条件にプロバイダーコースへのタスク参加は含まれていません
 
 
  当サイト主催AHA-BLSインストラクターコースの概要

 

●コース開催時間:
 AM10時~PM5時
 
●受講条件:
 有効期限内のAHA-BLSプロバイダー資格取得
 16歳以上
 
●学習内容:
 AHA-BLSプロバイダーコースを指導するための方法論を学習します。
 
●合格判定:
 筆記試験にて評価。
 
●準備:
 筆記用具、教科書(BLSインストラクターマニュアル)、ストップウォッチ、ポケットマスク(貸出可能)、動きやすい服装
 
●事前購入書籍:
 BLSインストラクターマニュアルG2015
 
 
  
 
 
注意:
インストラクターコース受講後に実際に開催されているコースにて教育実習を行い、合格された方が正規のAHAインストラクターに認定され、カードが発行されます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記画像をクリックすると関連サイトページ
閲覧できます。
 
   
  
 
松戸ECCトレーニングサイトホームページ
QRコード