AHA-PALSプロバイダーコース
 
 AHA-PALSプロバイダーコースは医療従事者向けの世界最高水準の小児二次救命処置教育プログラムです。千葉県松戸市で活動する当サイト主催のPALSプロバイダーコースはすべてが最新のガイドライン2015(G2015)に対応しており、看護師をはじめとする受講される皆さんが満足できる現時点において最高レベルのEBM(根拠に基づいた医療)トレーニングを受けることができます。
 
 AHA-PALSプロバイダーコースでは以下の内容を学びます。
 
①乳児・小児患者に対 する気道管理
②心停止(心室細動/無脈性心室頻拍/PEA/心静止)への対応
③徐脈性不整脈への対応
④頻脈性不整脈への対応
⑤呼吸障害への対応
⇒上気道閉塞、下気道閉塞、肺実質病変、呼吸調節の障害の4ケース
⑥循環障害(ショック)への対応
⇒循環血液量減少性、心原性、閉塞性、血液分布異常性の4ケース
⑦心停止を未然に防ぐための系統的評価(第一印象/評価/認識/介入)の手順
※乳児・小児に対するBLS手技に関してはコース最初でスキルチェックを行います。
 
 コースの進行方法は主にDVDを見ながらディスカッションを行うパート、DVDを見て学んだ後に実技練習をするパート、シナリオを使用して実践練習を行うパートの3つに分けられます。PALSプロバイダーコースと言えど、最も確実に実施できなければいけないものはやはりBLS手技です。このコースにおいても常に基礎となるBLS手技を中心に繰り返し練習しながら、薬剤やマニュアル式除細動器、気道管理、系統的評価手順などに関する知識を付け加え、総合的な小児に対する二次救命処置を学んでいきます。
 
 特にPALSプロバイダーコースの内容に含まれている系統的評価手順は心停止に至る前から適切な観察・アセスメント・原因の分類・介入を行うことで心停止を未然に防ぐ効果的なプロセスであり、繰り返しトレーニングすることができます。また、PALSプロバイダーコースではあくまでも乳児や小児症例を対象にトレーニングを行っていきますが、臨床現場では成人に対しても十分に使用できる評価手順であり、日頃から小児科や新生児科など子供の入院施設で勤務している方以外に成人の一般病棟勤務の方であってもPALSプロバイダーコースを受講する価値は十分にあります。
 
 PALSプロバイダーコースでは筆記と実技の2つの試験があり、両方が合格基準に達することで「AHA-PALSプロバイダー」の国際ライセンスが取得できます。
 
 
 
   
 
 
 
  当サイト主催AHA-PALSプロバイダーコースの概要
 

 

 
●コース開催時間:
 初日:AM8時~PM6時(昼休憩50分間)
 二日目:AM8時~PM5時(昼休憩50分間)
 
●特典:
当サイトにてコース受講をお申し込みの方には試験対策としPALS事前学習資料(オリジナル資料)」を差し上げす。
 
●受講条件:
 事前にAHA-BLS受講が必要です。
 
●合格判定:
 筆記試験と実技試験を実施して評価。
 
●受講料金:
 ¥38,000(新規)、¥33,000(更新)
[更新の条件]
・前回、同じ科目のコースをAHA松戸ECCトレーニングサイトにて受講された方(有効期限については不問)
※コース当日にプロバイダーカードの提示を求めます。
[PALS更新時に有効期限内のBLSカードの提示は必要ありません] 
 
●キャンセルポリシー:
 一旦納入された受講料は、主催者側の都合で中止になった場合に限り返却いたします。それ以外の場合は受講料は原則として返還されません。予め十分にご注意の上、ご送金下さい
 
●準備:
 動きやすい服装と靴、プロバイダーマニュアル、事前学習資料、ポケットマスク(準備できない方はお貸します)、筆記用具(鉛筆・消しゴム)、昼食(会場にて注文も可能です)
 
●事前購入書籍:
 PALSプロバイダーマニュアル(G2010)
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記画像をクリックすると関連サイトページ
閲覧できます。
 
   
  
 
松戸ECCトレーニングサイトホームページ
QRコード