神奈川県川崎市にある石心会川崎幸病院でAHA-BLSインストラクターコースを開催
~AHA-BLSヘルスケアプロバイダーコースの普及を目指し、院内蘇生教育の充実化を図る!!~

 2013年12月8日に神奈川県川崎市にある石心会川崎幸病院にてJSISH-ITC AHA-BLSインストラクターコースを開催しました。川崎幸病院は救急や循環器領域などにおいて非常に有名な医療施設であり、医療スタッフへの教育にも熱心に取り組んでいる病院です。今回はすでにこの病院に所属するJSISH-ITC BLSコースディレクター資格を有する方からの依頼があり、インストラクターコースの開催が実現しました。
 
 川崎幸病院では以前より日本救急医学会認定ICLSコースを院内で開催し、スタッフの急変時対応スキルの向上に取り組んできましたが、一次救命処置であるBLS領域においてはAHA-BLSヘルスケアプロバイダーコースの定期開催を目指し、今後院内の蘇生教育に活用しようと計画しています。今回はこのBLSヘルスケアプロバイダーコースを定期開催するため、自らもその教育に携わりたいというモチベーションの高いスタッフ5名がAHA-BLSインストラクターを目指して同コースを受講しました。この5名の方々は今後モニターを受けた後、正式にJSISH-ITC BLSインストラクターとして活躍することになります。
 
 石心会川崎幸病院は神奈川県川崎市に位置する二次医療機関ではあるものの、病院内にAHAトレーニングサイトと呼べる活動拠点を有する全国的にも極めて珍しい病院です。自施設でAHAプロバイダー資格を取得できるというシステムは「入院患者への安全管理の向上」、そして「スタッフ教育の充実化」において非常に優れた効果を発揮するとともに、今現在問題視されている医療従事者の確保(特に看護師)においても大きな宣伝力になることでしょう。しかし、このような活動は医療機関の理解と協力があってこそ成り立つものであり、スタッフ一人の熱意では達成することはできません。日本全国においても石心会川崎幸病院のような心肺蘇生教育に協力的な医療機関が今後増えていくことを願うばかりです。そして数少ない病院トレーニングサイトを有する医療機関として、その実績と成果を神奈川県川崎市から全国へ伝えていっていただきたいと思っています。
 
 我々は今後もこういったAHA心肺蘇生トレーニングコースの自施設開催やAHAインストラクター養成、コースディレクター育成などにおいて可能な限り協力させていただきます。
 
 ◆石心会川崎幸病院 AHA-BLSインストラクターコース開催風景◆
  
       
 
 
 
JSISH-ITC BLSインストラクターコースを受講された皆さんと
AHA松戸ECCトレーニングサイト JSISH-ITC BLS Training Center Faculty
 
 
石心会川崎幸病院 JSISH-ITC BLS Course Director
蒲池救命士、後藤看護師、山之内看護師
 
 
 石心会川崎幸病院BLS教育プロジェクトコアメンバーと
AHA松戸ECCトレーニングサイト JSISH-ITC BLS Training Center Faculty
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記画像をクリックすると関連サイトページ
閲覧できます。
 
   
  
 
松戸ECCトレーニングサイトホームページ
QRコード